『半妖の夜叉姫』第15話の謎。残る“りん封印”への疑問点…もろはの虹色真珠は誰の涙でできている?

『半妖の夜叉姫』第15話の謎。残る“りん封印”への疑問点…もろはの虹色真珠は誰の涙でできている?
『半妖の夜叉姫』第15話の謎も考察で盛り上がりました! 理玖の正体について、未来を知っているという説が強まる中、敵か味方が議論が白熱。りんが封印された理由や、もろはの虹色真珠の成り立ちにも注目が集まっています。
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。1月16日に放送された第15話「月蝕、運命の惜別」では、理玖が18年前の殺生丸たちや犬夜叉かごめに何が起きたのか語りました。

とわせつなの母がりんだと判明したり、犬夜叉とかごめの行方がわかるなどようやく謎が解き明かされ始めた一方で、さらに疑問が深まる点も。今回は語り部となり過去を語った理玖の立ち位置や、りんが封印に至った経緯もろはの虹色真珠についての三点に着目し、謎に迫ります。

理玖は未来を知っている?敵か、味方か、それとも……

第15話では、理玖が語り部となり、殺生丸や犬夜叉たちに起きた過去の出来事を伝えました。あくまでもとわ・せつな・もろはに向けてではなく、視聴者に対してのみの説明だったよう。

これまでも、飄々とした態度や敵なのか味方なのか判りかねる言動で何者なのかと視聴者を惑わせてきた理玖ですが、親世代の過去を詳しく知っているとあり、余計にその謎が深まっています。
33 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは