『半妖の夜叉姫』第21話の謎。理玖の正体は…“匂わせ発言”から有力視される2つの理由。夢の胡蝶と是露の繋がりとは…

『半妖の夜叉姫』第21話の謎。理玖の正体は…“匂わせ発言”から有力視される2つの理由。夢の胡蝶と是露の繋がりとは…
『半妖の夜叉姫』第21話の謎も考察で盛り上がりました! 理玖の正体について、麒麟丸との親子説よりも有力な説が浮上しています。また、夢の胡蝶と是露に繋がりが……?
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。2月27日に放送された第21話「虹色真珠の秘密」では、とわ理玖が急接近! 虹色真珠の成り立ちが明かされました。

今とは違った様子や伏線ともとれる発言の数々から、理玖の正体に有力説が! また、夢の胡蝶と是露の関係にも注目が集まっています。

理玖の正体に有力説。数々の伏線に注目

第21話が放送されると、視聴者の間では理玖が麒麟丸の分身なのでないかという説が巻き起こり、有力視されはじめました。その大きな理由は二つ。

一つめは、鎌倉時代の理玖の様子。
冒頭では鎌倉時代へ時を遡り、虹色真珠がどのようにしてできたのかが描かれました。当時の理玖は今現在とは違った様子で、話し方は棒読み。さらに、涙を知らなかったり、理玖がよく口にする「粋」がどういうことかも知らず、まるで心を持っていないかのようでした。
32 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは