『半妖の夜叉姫』最終回、殺生丸の言葉が泣けた…「りんへの愛しか感じない」「公式ありがとう」姉妹愛も切なく尊い。

『半妖の夜叉姫』最終回、殺生丸の言葉が泣けた…「りんへの愛しか感じない」「公式ありがとう」姉妹愛も切なく尊い。
『半妖の夜叉姫』第24話(最終回)「殺生丸の娘であるということ」を振り返り! ついに迎えた最終話はまさかの結末に……。一方、殺生丸の言動や夜叉姫たちのやりとりなど、興奮・感動ポイントも盛りだくさんでした。
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。3月20日に放送された第24話「殺生丸の娘であるということ」では、夜叉姫たちと麒麟丸が直接対決! ついに最終回を迎えました。

まさかの結末に多くの視聴者が涙した第24話。殺生丸のあるセリフに注目が集まりました。みんなを興奮させた殺生丸の言葉とは?

殺生丸の“りん”発言にファン歓喜!「破壊力ありすぎ」

天生牙を折られてしまった殺生丸ですが、その後是露とのやりとりの中で「これ以上はりんが悲しむ」と発言しました。

この殺生丸の言葉にファンは大興奮! 「りんって呼んだ!!!」「ついにりんちゃんの名前を口にした」と作中最初で最後の“りん”呼びに歓喜の声が挙がり、「破壊力やばすぎ」「りんが悲しむかどうかが行動基準の殺生丸……尊い……」「愛しか感じないじゃん」「公式ありがとう……」「ストーリーより何より殺生丸の一言に全部持ってかれたわ……」などの感想で溢れました。
39 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは