まさかの…!『ひぐらし』第23話、“SSR鉄平”の出現が沙都子を救う鍵となる?圭一との惨劇は防げるか

掲載/更新 0
まさかの…!『ひぐらし』第23話、“SSR鉄平”の出現が沙都子を救う鍵となる?圭一との惨劇は防げるか
再アニメ化で話題沸騰のTVアニメ『ひぐらしのなく頃に業』第23話(郷壊し編 其の六)を振り返り! 沙都子の叔父・鉄平の変化に「これ二次創作じゃないよね…?」の声も。みんなの感想や考察を、あらすじを交えてご紹介します。
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。主人公の圭一が転校した雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”を軸に、第1期では「鬼隠し編」から「罪滅し編」が、第2期では「厄醒し編」「皆殺し編」「祭囃し編」のストーリーが描かれ、2020年秋、完全新作『ひぐらしのなく頃に業』として再アニメ化されました。

3月11日(木)に放送された第23話「郷壊し編 其の六」では、旧作で悪役として描かれてきた沙都子の叔父・鉄平の変わりようにファン騒然…!? また、ループの記憶引継ぎについてもさらなる新事実が判明しました。

‟浄化された”鉄平にファン驚愕…沙都子を救う鍵になる?

また沙都子がループしたと思われる世界で、おもちゃ屋のゲーム大会に参加する圭一たち。トランプの神経衰弱で、なんと沙都子は一度に全てのカードをめくって一人勝ちします。
「皆さんは私のトラップにかかっている」。その言葉は、何度も同じ時をループしてゲームの下準備をしたことを匂わせており、「そんなことのために、何度も命を粗末に!?」、「ループして世界を操ってることも言ってるんだろうな」と視聴者を戦慄させました。

そんななか、今回もっともひぐらしファンを興奮させたのは、沙都子の叔父・鉄平の再登場
薄汚れたアパートで鉄平は、自分が孤独死したりヤクザのような男たちにいたぶられる悪夢を‟繰り返し”見ていました。

慌てて鉄平が口にしたのは、「頓服薬」と書かれた袋から取り出した薬。
第9話でも薬が登場し「雛見沢症候群に関係した薬では?」という考察も出ましたが、鉄平は単に精神を鎮め薬を飲んでいた可能性も見えてきました。
さっきの孤独死の夢もあってか、自分の人生に思いを馳せ、しんみりする鉄平。旧作で沙都子をいじめたり、レナの父親から金を巻き上げようとした頃の威勢は見られません。
さらに鉄平は前住んでいた雛見沢へ帰ると、沙都子にお菓子をあげたり、道端の不良から身を挺して守るという行動を取ったのです。これには鉄平を知っている大石刑事も驚いたようで……。

実は「祟騙し編」あたりから鉄平の‟改心説”は出ていたものの、多くの人は半信半疑、ネタや冗談半分で話していました。
しかし今回の放送でその想像が現実となり、「鉄平、浄化されすぎ! 理想的すぎて怖い」、「これ二次創作じゃない?信じていいよね?」とファンは歓喜。
さらに、沙都子も鉄平の前では素に戻っている様子から、「まさかの鉄平に沙都子が浄化される展開もある!?」と、その影響力に期待する声も見られました。

「祟騙し編」の考察が再燃 このまま改心するなら…残る謎

また、今回の話は「祟騙し編」の種明かし編ではないかと思われており、そこからさまざまな考察が。
一つは、「祟騙し編」で児童相談所に乗り込む圭一たちを大石が「茶番」と言ったのは、今回の話で鉄平の虐待は無いとわかっていたからでは?ということ。
また、鉄平は体が弱っているため、沙都子が学校に来られなかったのは看護のためだったのでは、と推測した人もいるようです。

ただし、だとしたらなぜ沙都子は鉄平が連行されるのを止めなかったのか?なぜ虐待されている素振りを見せたのか?などまだ謎は残ります。
そして「祟騙し編」でもっとも衝撃的だったのは、やはり第13話で鉄平が圭一を襲った惨劇。
それに関して今回、沙都子をループできるようにした巫女姿の女性と沙都子が交わした会話に、気になる点が。
ループを繰り返して‟欠片”を増やすと、沙都子や梨花など「繰り返す者」以外も、特に親族はループ前の記憶の継承が増えることが判明したのです。

ここからファンの間では、鉄平が圭一を襲ったのは、旧作で圭一に襲撃された記憶がよみがえったからでは?という説も浮上。
さらにあの時の鉄平の目は、沙都子と梨花がときどき見せるのと同じ赤色に光っていました。
沙都子がループを重ねれば、いつかほとんどの人がループ前の記憶を思い出す、ということも起きるのかも……?


鉄平の一人称「ワシ」と「郷壊し編」をかけた「沙都子ワシ編」のほか、改心した鉄平をゲームのレアカードになぞらえた「SSR鉄平」という呼び方がトレンド入りした今回。
公式Twitterが「皆さんからの鉄平愛を感じています」とコメントするほど鉄平の改心は支持を集めましたが、その分「このあと、あの祟騙し編の最後に繋がるのはつらい…」という感想も目立ちました。
また、巫女姿の女性の正体も謎のまま。
「『うみねこ』のフェザリーヌでは」とも騒がれましたが……沙都子の「えー、うー、あー」という困った時の声から、彼女は自らを「エウア」と名付けました。
そもそも彼女は沙都子の味方なのでしょうか。

2期に渡って放送された『業』も、いよいよ終盤。
ぜひそれまでに「猫騙し編」や「祟騙し編」を見返して臨みましょう。
35 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません