『ひぐらし業』最終回、沙都子の暗躍に戦慄…!「まるで本物の神」「やっぱりお前か」残った謎は?

掲載/更新 0
『ひぐらし業』最終回、沙都子の暗躍に戦慄…!「まるで本物の神」「やっぱりお前か」残った謎は?
再アニメ化で話題沸騰のTVアニメ『ひぐらしのなく頃に業』第24話(郷壊し編 其の七)を振り返り! 旧作の黒幕・鷹野と‟H173”に注目が集まった今回で、ついに最終回へ。みんなの感想や考察を、あらすじを交えてご紹介します。
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。主人公の圭一が転校した雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”を軸に、第1期では「鬼隠し編」から「罪滅し編」が、第2期では「厄醒し編」「皆殺し編」「祭囃し編」のストーリーが描かれ、2020年秋、完全新作『ひぐらしのなく頃に業』として再アニメ化されました。

3月18日(木)に放送された最終回・第24話「郷壊し編 其の七」では、旧作の黒幕・鷹野の心を揺さぶった‟あるもの”の存在が判明。また、今作最大のキーとなる‟H173”については、やはり沙都子が……?

沙都子の銃の入手経路が判明? 鷹野を改心させたものとは──

通称“SSR鉄平”の出現がファンを沸かせた前回23話
しかし、やはり沙都子は過去のことを許せないのか、エウアに鉄平を「利用させてもらう」と言ってのけます。

沙都子の視線の先には、とある‟欠片”の世界が。
そこでは、旧作の黒幕・鷹野が祖父の研究成果をしらしめるための「終末作戦」に失敗し、仲間に銃での自害を促されていました。
この辺りは旧作でもおなじみですが、ファンからは「やっぱり最後は、鷹野がかわいそうに見えてしまう」と同情の声も。
また、見た目が似ていることから、沙都子が持っていた銃はこの銃では?という考察も見られました。

勤務している入江診療所で、居眠りからはっと目覚める鷹野。
前回あきらかになった‟繰り返す者以外の記憶継承”により、先ほどの世界の記憶が夢となっていたのかもしれません。
鷹野は、ずっと開いていなかったアルバムから祖父の手紙を発見。
そこには、鷹野に研究より自分の幸せを優先してほしいという祖父の願いがつづられていました。
胸を打たれたような表情を見せた鷹野は、検査に来ていた沙都子に「診療所を辞めようかと思う」と口にします。

「猫騙し編 其の四」では結局「終末作戦」を実行せず、梨花に謝罪をした鷹野。
旧作にはなかったまさかの手紙の登場に、「おじいちゃんの思いが、鷹野を思いとどまらせたのかな」、「こればかりは沙都子も阻止できなかったのか」と感慨深くなった人も多いようです。

そして鷹野は富竹に、彼が知らない終末作戦のことを切り出し──「綿騙し編 其の参」でふたりが逃亡したのは、やはり終末作戦を反故にすれば、組織に命を狙われるためだったのでしょうか。

「やっぱりお前か!」H173はオヤシロ様の祟りに使われた?

惨劇の起きないルートにがっかりしてエウアのもとに戻ってきた沙都子は、ついに自分がオヤシロ様になって雛見沢に根付く‟祟り”を利用することを決意。
無情にも、梨花に「雛見沢を捨てようとする限り惨劇は終わらない」と示すというのです。

「猫騙し編 其の参」で告白した「祟りを排除するため皆を手にかけた」のはこのためだった様子。
「最初はオヤシロ様に沙都子が操られてると思ってたのに、とんだ勘違いだった」、「むしろもう、沙都子は何かにとりつかれてると思いたい!」、と改めて変貌っぷりにショックを受ける人も。
かつては‟羽入黒幕説”もありましたが、今となっては羽入が戻る気配もありません。

視聴者をさらに騒がせたのはここから。
沙都子は祟りの材料として、鷹野がケースにしまった、雛見沢症候群を発症させる薬‟H173”の注射器を盗んだのです。
「やっぱりお前だったか!」という反応がほとんどでしたが、レナや魅音の母など全員がH173で発症したかといえば、「違うと思う」という声も。
ちなみに、もっともH173による発症が疑われた大石刑事については、2月22日の対談で原作者の竜騎士07先生が否定をし皆を驚かせました。

自分と梨花が一緒に暮らす未来では惨劇など起きないから罪悪感はない、自分が選んだ‟欠片”が唯一の世界だと、まるで本物の神のように語る沙都子。
2クールに渡り放送された「ひぐらしのなく頃に業」は、最後に沙都子の恐ろしさを私たちにしらしめて、最終回を迎えました。
36 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません