『半妖の夜叉姫』第24話の謎。殺生丸が最後に伝えた言葉とは…第2期のティザーにも伏線がある?

『半妖の夜叉姫』第24話の謎。殺生丸が最後に伝えた言葉とは…第2期のティザーにも伏線がある?
『半妖の夜叉姫』第24話(最終回)の謎も考察で盛り上がりました! 殺生丸はとわになんと伝えたのか?さまざまなな予想が。妻子を救うために時空を超えた説も囁かれています。
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。3月20日に放送された第24話「殺生丸の娘であるということ」では、夜叉姫たちと麒麟丸が直接対決! ついに最終回を迎えました。

とわの前に現れた殺生丸は果たしてなんと言っていたのか? また、「ゆかりのたちきり」とはどんな刀なのか……さまざまな考察で盛り上がりました。

殺生丸の言葉とは?さまざまな予想が

絶望するとわの前に姿を現した殺生丸。試してみるかと天生牙をとわに渡す前にも、とわに何か話しかけていたようなのですが……。音のなかったあの殺生丸の「口パク」はいったいなんと言っていたのか、ネットではさまざまな予想が。

「まだ救える」「せつなを救いたいか?」「泣くのはまだ早い」「せつなは眠っているだけだ」など、とわに希望を持たせるような言葉や、「このままでいいのか」「顔を上げろ」といったとわを奮い立たせるような言葉、「天生牙はお前が持て」「貴様なら甦らすことができる」などの天生牙を託すのに際した言葉など、さまざまな意見が飛び交っています。
36 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは